クラッチバックの修繕 令和3年3月17日2021


 もう7年8年前にポーターの鞄カタログを買い、そのオマケのクラッチバッグを気に入ってずっと使っています。
飽き性もありまして、正しくは一番よく使っている鞄です。
カタログのおまけなので、いくら吉田鞄だからと言っても壊れます。
壊れると言っても穴が空くとかでなしに、カシメが外れるのです。
もう始めから付いていたカシメは残り僅か。
外れる度に買ったカシメ鋲に変えるのですが、代替えが何のデザインもされていない鋲なもので・・・どんどん安っぽさが膨らんできております。
ポーターのロゴもオマケなので、箔押しでもなく、単純な印刷で長年使っておりますとロゴが禿げてしまい何処の鞄かなのか何も分からなくなっています。

 さて16日会社で外れてしまい、当日の晩に修繕したかったのが出来ず(お酒のせいです)、17日朝に修繕!
IMG_3887.JPEG
IMG_3886.JPG
IMG_3884.JPG
IMG_3885.JPG

今度、気に入ったカシメ鋲を買っての総入替えをしませう。

この記事へのコメント